犬と遠足、高尾山

いつかニッキーを連れて行きたいなあと思っていた、高尾山。
同じ思いの犬ともさんと、電車に揺られて行ってきました。

 

ご存じのように、高尾山にはいくつもルートがありますね。
わたしは沢沿いに歩く6号路が好きなので、ケーブル駅の左脇を通って出発しました。

130_6981-1

いきなり土産物屋さんで恐縮ですが。
おいしそうなものがいっぱいあって、つい立ち止まってしまった――。
奥の方には、看板犬もいて、お店の女性は犬連れの私たちに「気をつけて行ってらっしゃい」と声をかけてくれました。
珈琲煮のお豆さん、おいしかったなあ。

130_6984-1
石仏。おそろいの赤い衣装。新品とお見受けしました。手編みですね。

130_6987-1

こんなふうに水の流れを見ながら登ります。

130_6989

降りてきた男性が、「今日は琵琶滝の滝開きだよ」と教えてくれました。
4月1日。そうなんですね。

130_6990
歩いてるうちにすぐに、修験者の方々をお見受けしました。
高尾山って、東京の人にとって一番親しまれてる山で、ハイカーにとっては、「新しい靴の足慣らし」的存在ですけど、この方々にとっては、昔ながらに厳格な修行場なのですね。
ええ、ぴりっとしましたわ。

130_6991
これ以上中には、入れません。修験者以外は。

130_6992

手前のお社で手を合わせました。無事に遠足ができますように、と。

 

130_6993-1

一緒に行ったのは、犬の保護活動をしている松本さんと、その長女! ヴィヴィアンちゃん12歳です。
ニッキーと同じ、ミニチュアシュナウザーですよ。

130_6997
6号路は狭い山道で、すぐそばに野の花や――(誰か名前を教えて!)  ←ゆりわさび、と判明。

 

130_6999

ぜんまいがあり――

 

130_7000
陽光を浴びてきれいでした。

130_7002

苔ガールならずともぐっと来るでしょ、この「蒸し加減」。

 

130_7004-1

道幅はこの程度。人と行き過ぎるときには、少々気を遣います。
みんながみんな、犬好きじゃありませんものね。
でも、「おお、頑張って歩いてるねえ」と笑顔に出会うことが多かったです。

130_7008

若いニッキーが先を歩くことが多かったですが、ヴィヴィアンが先のときには、ニッキーに振り返ってくれました。
さすが松本家の長女(犬部門、でね)、優しいなあ。
ヒガシはそんな仕草にぐぐっと来て、ヴィヴィアンちゃんにいっぱいおやつあげました!

130_7010-1

沢を眺めるのは気持ちがいいですね。

130_7012-1

ヴィヴィアンに気遣ってもらったのに、自分が先のときにはさっさか行ってしまうニッキー。
飼い主に似てるの?

 

130_7013
これぞ6号路の真骨頂(勝手に)。
沢の中を歩きます。ハイヒールのお姉ちゃんには無理!
防水のハイカットシューズ履いてこい、ちゅうねん(だれに怒ってる……)。

130_7014

ニッキー、脚をどろだらけにしながら、実に楽しそう(ええ、自分ひとりで!)。
湖や海には入りたがらないのに、こういうのは好きらしい。ときどき水も飲んでた!

130_7016

また山の匂いは格別らしい。

130_7017

「ささ、行くぜ」
……忙しいヤツ。

130_7018-1

「ヴィヴィちゃーん、頂上はもうすぐだよ」
でも実は、ここからが長かった。

130_7019
途中で、レスキュー隊員とすれちがいました。
この手の制服に弱い母ちゃんです……。
前に高尾山に来たときにも、「事故」現場に遭遇しましたね。
甘く見てはいけないんです、高尾山。今回身をもって感じましたよ。

130_7022-1
「東京消防庁」、こんなバイクで来たらしい。
かっけー。

130_7025
やっと頂上。出発から1時間半ほど。
即とろろそば。おいしかったなあ。930円も高くない!

130_7027-1

「山ガールたち」のツーショット。
二人ともおやつ見てまーす。

 

130_7030-1

途中で「あら、親子?」なんて言われたね。

 

130_7034

ちゃんと並んでくれないお二人さん。ま、いっか。

130_7036

頂上からの景色を一望し――。
トイレに行って……これがきれいになってて驚き!
コテージ風でしたよ、是非!

 

130_7037
帰りは4号路から1号路へ。
お母ちゃん、下り坂でちょっと膝に来てます。

130_7038-1
ヴィヴィちゃん、しっかり歩いてるな。

130_7042
と思ったら、ゴール寸前に、「もう無理」のアピール。
階段が急だったもんね……。

130_7041-1
ここから、松本さんは前抱っこで下山。
その準備、ニッキーはおやつがもらえるかとこの態。
労りってもんがないのでしょうか。
あんた自分さえよければいいのね。

下山は1時間あまりでした。
お天気に恵まれ、暑からず寒からず。ほんとに気持ちよかった。

130_7023

重いカメラをぶら下げて行きましたが、なんとか持ちこたえましたね。
D300sも、ごくろうさん。
松本さんの写真を楽しみにしつつ……。

犬と遠足、高尾山” への6件のフィードバック

  1. いいな~、山ワンコ!花のアップがないので断言はできないのですがはの形、4弁の花びら?からすると名前はたぶん「ゆりわさび」です。

  2. ヴィヴィアンちゃんは、後ろ足に大昔ブリーダーでケガをしたときの手術跡があります。でも何不自由なく歩けるんですよ。

  3. ヴィヴィアンちゃんはあんよも散髪をしているのですか。

  4. こちらこそ、ご一緒できてうれしかったです。
    混みすぎてなくてよかったですね。
    また是非!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中