ポールウォーキング

突然ですが、あなたは、ポールウォーキングとノルディックウォーキングは同じものだと思っていませんか?

わたしはそうでした。
今日の午前、講習を受ける直前まで――。

犬トモのMさんにお誘いいただいて、ポールウォーキングの講習を受けました。
集合はここ――。

DSCF8369
レインボーブリッジのたもと。
冬時間(11月から)は午前10時から歩行可能です。
とりあえず「自由に歩いてみてください。ポールに慣れて」
とコーチのHさん。

DSCF8375

ナイスビュー!

DSCF8377

でも風強し!

DSCF8379

でもナイスビュー!

DSCF8374
こんなスタイルで歩きました!

DSCF8380

意外と短かったなあ。

このあと、お台場史跡公園で、講習がスタート。
ここは、犬トモたちとときどき訪れるなじみの場所です。
ファッションモデルも取り入れているというポールウォーキング。
わたしもランウェイを歩く気分で――。

DSCF8385
ポールはあくまで地面対して垂直を保ちます。
しっかり二の腕をあげるので、結構ききます~。

DSCF8386
足元の基底面が2本足にポールの分が加わり拡がるので、高齢者も安定して歩けるのだそうです。

DSCF8388
踏み出した足はかかとから。
しっかりつま先まで地面につけて、靴の裏が後ろに人に見えるぐらいローリングするのが大事。
これはだらだら歩きとはちがって、「エクササイズだ!」と実感しました。

DSCF8391

ポールを持ち替えて。
これが、ノルディックウォーキングです!
見ておわかりのように、ポールの持ち方がちがいます。

DSCF8392
そもそもポールを使った歩行は、北欧から始まったもので、それがノルディックウォーキング。
クロスカントリースキーを楽しむ人たちが、夏場のトレーニングとして考案したものだそうです。
前半のポールウォーキングは、それを、日本の整形外科のドクターが改良したのだと。
どちらも気持ちよかったけれど、ノルディックの方が、速く歩けたりランニングにも使えたり、よりスポーツ的だと思いました。

DSCF8396
自由の女神の前で。
ゴールまで6㌔のコースでした。

走るのも好きですが、いつまでも走れないかも。
ポールウォーキングなら、いつまでも続けられそう、と思いました。
「そう。若い皆さんが、率先して広めてください」
と言われました。
ポールウォーキング界では、若手だった――。

「死ぬその寸前まで自分の足で歩いていたいね」
「そうそう。ぴんぴんころりが最高ね」

……と結論はあいなりました。

解散後。
Mさんと新橋の立ち食いのお寿司屋へ。

DSCF8399
「お任せ12貫980円」
30日だったので、「レディース30%引き」。
おいしくいただきました~!

ポールウォーキング” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中