マチュピチュの旅 ~ テント泊3日

歩き始めて3日目。
一番ハードな行程は終えたと言え、相変わらず、上ったり下ったり。
そろそろ膝に来てまーす。

DSC01864
我ながら疲れておる。

DSC01860

DSC01870
インカ帝国自慢の! 石積み技術。

DSC01868
そこここに遺跡が見えてきた。
マチュピチュはもう明日だ。

DSC01869

IMG_0048
オーストラリアメルボルン大学の「スパッツ3人娘」。
みんな明るくて、キャッキャとにぎやか。
でも、大人びた気遣いもあったなあ。
短パンじゃ、さすがに「寒いぞ-」となったところ。

DSC01862

行程中出会った、女性のガイドさん。
まだまだ数は少ないらしい。
このペルー的コーディネイト、いいね!
英語の上手な人でした。
「日本人は我慢強い。だから、がんばって」
と励まされた。

IMG_0049

 

IMG_0053

 

IMG_0055

 

DSC01890
今日の行程、終了。
おばさん座りのヒガシとH美ちゃん。

DSC01891

ガイドさん考案の構図。

DSC01892
自称「同志社のキャンディーズ」
わたしのお気に入りのグレーグくんが自分のカメラで撮ってた。
それをうれしげにMちゃんに報告すると――。
「あの子、他の人の写真、しゅっちょう撮ってたで~」
とあっさり言うてくれました。
がっくし。

DSC01897

テントにチェックインした後は、いつものティタイム。
手前右は、アシスタントガイドのエドウィンくん。
なぜかみんなから「プレイボーイ!」とあだ名されてた。
日本語でなんて言うの?と聞かれたので、

「ちゃらお!」

と答えておきました。
一生懸命覚えてたなあ……大丈夫かしらん。

DSC01896
シェフのテントではケーキの準備中。
だれかの誕生日?

 

DSC01899
それは、わたしたちチームジャグアーへのプレゼントでした。
こんなお山でケーキが食べられるなんて!

DSC01898
16人のメンバーのために、20人以上のシェフとポーターさん。
ひとりひとりの自己紹介がありました。
ヒガシ……急に泣きそうになった。
感謝、感謝……。
皆さん生業は、農業。この仕事は副業なんです。
「子どもたちを町の学校に通わすためには、現金が必要だから」
とガイドさんが説明してくれました。
シャイな男性たち。
イケメンシェフと強引に腕を組むH美ちゃん。

明日はいよいよマチュピチュだあ。
3時起きですぞ。

マチュピチュの旅 ~ テント泊3日” への1件のフィードバック

  1. 清浄とした空気の中で、煩悩も消えてなくなるでしょうか。。。。ところで、お山の診療所とかあるのですか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中