SDHCカード

デジタルカメラに欠かせない、通称SDカード。
みなさんは、どんなものをお使いでしょうか?
このカードに関する豆知識、自分の備忘録としてまとめておきたいと思います。

★クラスって何?

サンディック10-8
<サンディック クラス10 8GB> 2780円・カメラのキタムラ

クラス4とかクラス10とか、読み込みの速度によって、階級化されているのです。
クラス10が最速さん。
連写したあと、読み込みを待っていたら次の列車がやってきて、あっちゃーシャッターチャンス逃したよ~なんてことにならないのが――クラス10らしい。
わたしが連写するとしたらデジイチがほとんどだから、最速さんはデジイチ用にすることに――。

サンディック4-4
<サンディック クラス4 4GB> 698円・カメラのキタムラ

クラス4もクラス10も他の能力には差がないとのこと(カメラのキタムラの女性スタッフ談)。
なので、お散歩に持って行くコンデジには、クラス4を使うことに――。

★ カードも劣化する。

毎日のように……いやほとんど毎日、わたしはカメラからカードの出し入れをしていて、一つ常用していたサンディックのクラス10のカードを、PCが読み取らなくなってきた。
何度か差し直さないといけない。これ、劣化らしい。(外国製は不良在庫が混じっている場合もあり……未確認情報ですが)
残念だけど破棄することにした。
わたしのような使い方をする人は、カードは消耗品と考えた方がいい。
クラス4で容量が小さければ、1000円以下なのです。普段使いはこれで十分。

東芝4-4
<東芝 クラス4 4gb> 660円・ヨドバシカメラ

サンディックはアメリカの会社のようですね。
「東芝がいい」
という人もあって、しかしカメラのキタムラはオール・サンディックなので、ヨドバシカメラのオンラインショップで買ってみた。
翌日届いて、配送料なし。
白地にくっきりと――「日本製」。
内なる国粋主義がそそられる表記ですねえ。

 

SONY4-4
<SONY クラス4 4GB> 780円・ヨドバシカメラ

あるプロカメラマンは、ソニーのカードには書き込み欄があって便利。
「だから、仕事で撮った写真は、pcにコピーせず、カードのまま保存している」
とブログでおっしゃっていた。
サンディックのメモ欄は、ボールペンのインクをはじいて書きにくいのよねえ。
東芝のカードには、書く欄そのものがないし。
SONYのメモ欄は、ボールペンでしっかり書けます。
いいね!

しばらく、サンディック、東芝、SONYを「代わりべんたん」(注:横山やすしの言い方)に使ってみて、どれが劣化が速いか、勝手に調査してみようと思う。

★ 声だし点検、そして予備

せっかくカメラを持って外出しても、
「あ、カード入れ忘れた」
「あ、電池切れ」
なんてこともよくある。
わたしなんて、何度泣いたことか。
なので、お出かけ前に、声だし点検。
「カードよーし、電池よーし」、と。
そして必ず、カードと電池の予備を持参する。
カードが突如、読み込み不能になることもありますからね。
電池の予備もあれば、心置きなくシャッターを切ることができる。

さあ、どのカードがAクラスかな?

 

SDHCカード” への2件のフィードバック

  1. ご無沙汰です。
    わたしもiパッドminiでは撮らないなあ。
    目黒川のお花見シーズンの頃は、若い人たちがグループ写真撮ってその場で見てたなあ。
    ああ、こういう使い方かと思いました。

  2. カードは劣化するんですね、言われてみれば当たり前のことのような気もしますが、いちいちデジカメを買いかえてました。アホ。
    毎回お勉強になるブログです。(わたしが物を考えないだけか?)

    最近はipad.miniで撮っています。
    あれで撮影する人はいないのか、振りかざすたびに注目されてます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中