My Sewing Days ~ 首輪とリード

4月の末に仕事が一区切りついて、待望のソーイングデイズに突入しました。
昔は仕事明けと言えば、「飲み倒す」しか能がなかったけれど。
それでいろんな失態もありましたよねえ。
……知ってる人は、ここで大爆笑してるでしょうよ、してくれたまえ。

さて近日の成果。
DSC00433
pテープにチロリアンテープを縫い付けて。
それぞれ3メートルを手芸の聖地、蒲田の「ユザワヤ」で購入。
首輪二つ、リード一つ作って、50センチほどあまりが出ました。
ちなみにうちのニッキーは小型犬です。(態度はでかいですが)
柄は「テリア」柄。たっくさん並ぶテープのなかから、そらちゃんママが見つけてくれました!

DSC00435
別タイプ。
最初の軽くて良いのですが……なんか頼りない。
ニッキーがぐいと引っ張ると、「手にひびく」。
この感覚、犬飼族ならご理解いただけると思います。
ある程度の厚みや重さがいるなー、と感じることがある。
で、二つ目は、pテープを2枚重ね、チロリアンテープと合体させてみました。
首輪の方。
なかなかしっかりしてきます。
しかし――縫い合わせるところが6枚になる。ミシンの歯が立たず。
じっさい、針がポッキーンと折れました。すみません、合掌。
今思えば、重なるところだけ、5枚にするって手はあったなあ。だいたいあとになって気づくのです。
しかたがないので、そこは手縫い。
WOWOWで山田洋次の「学校」を見ながら。
裕木奈江がよかったです。
いい映画やってなかったら、この手縫いはやりとげられなかったかも。ぐさぐさだけど、あえて見ず。
リード。
ふとひらめいて、pテープの両側にチロリアンテープを貼り付けてみました。
弾力、強度ちょうどよし。縫い合わせ箇所、ミシンも通った!
しかしこれでチロリアンテープは使い果たしました。
メートル600円~800円するんですよ。綿の生地と同じくらいの価格。
大胆に使ってしまったなあ……よ、太っ腹!

<カメラケース>
なにせ飽きっぽい性格なので、首輪&リードを続けて作る気になれず。
「そうだ、カメラケース作ろう」
と思い立ちました。
新しく買ったSONYrx100には、両脇にストラップ用の穴っこがあり、ストラップのためのアジャスタまで同梱されてるのに……世の中には、横長でかぶせ蓋で、ストラップが外に出せるタイプのカメラケースというのが、皆無なんですよ。
いかん!
いかんじゃないか!
こりゃ作るしかない。

と意気込んだものの、しかしこれには苦労しました。丸一日かかった。試作に試作を重ね――。

カメラケース1

こちらが完成品。
ほら、ちゃんとストラップが外に出てるでしょ。
いかにもの「カメラ女子」柄ですが、手芸屋さんの店頭ワゴンから選んだだけのことでして。

カメラケース2

生地はリバーシブルでござい。
予備電池とSDカードが入るポケット付き。
これ、大事ね~。
蓋は、マジックテープで固定します。

お口直しに、今朝のジッケイ。

DSC00426 - コピー
カエデ。新緑の頃も好きです。

 

DSC00427 - コピー
奥にピンを当てたつもりが手前になってました。惜しかったなあ。

 

DSC00425
このミサンガも、夜中に「アメトーク」を見ながら。
あまりにぶさいくな処女作品なので、引きの絵でお送りしまーす。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中