予知夢

いきなりですが、予知夢をみたことありますか?
昨日出た拙作新刊は、予知夢の能力を持った女の子が主人公です。
「へこましたい」シリーズは、全編関西弁でしたが、今回は東京が舞台です。

予知夢がくる! 心をとどけて (講談社青い鳥文庫)

 

予知夢かどうかは別にして、わたしはよく夢を見ます。
ずいぶん会ってない人が夢に現れると……「何かあったのかな」とつい心配になったりします。
歳を重ねてきたせいかもしれませんね。

「へこましたい」のことを、友人のタミフルさんは、
「児童大衆小説!」
と名付けてくれて、わたしは大満足でした。
この「予知夢がくる!」も同じ路線、児童大衆小説を目指しています。
子供たちが楽しんで読んでくれたら、それが至福です。

このブログの下段に、アマゾンのリンクを貼ってあります。
どうぞ、血迷ってポチってください。
大人が読んだって面白いんだから!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中