作文のきほん

昨日ETV(NHK教育)を見ていたら、小学生たちに、短歌を詠ませるという番組をやっていた。
進行役は、「あまーい」ってギャグを少し流行らせた漫才コンビ。どうしてもコンビ名が思い出せない。一人は安達祐実と結婚して離婚したヒト。
ETVって、ちょい古のお笑いタレントを使うのが好きだなあ。
――まあそれはどうでもいいことだけれど。

PC230017
そこで、指導の先生(短歌の専門家)が、小学生に言っていた。
「楽しい気持ちとかうれしい気分を、そう言ってしまわないで、他の言葉で表現してみましょう」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
わたしは、その言葉で、一気に七歳の小学生に引き戻された。
担任の瓜生先生は、まったく同じことをおっしゃっていたからだ。
作文のきほん、って変わらないんだなあ。

瓜生先生は、作文に熱心な方で、わたしたちクラスの生徒は6班に分かれて週一回作文を提出していた。
その作文帳はまだ手元にある。「土よう」と表紙に書かれているからわたしは土曜日に提出する班だったのだ。
週に一回ネタを探すのは難儀だったけど、先生の赤ペンの講評がいつも楽しみだった。
そう。
瓜生先生も、「楽しかったとかうれしかったとか、書いてしまわないで、何がどう楽しかったか書きなさい」とおっしゃっていて、作文帳を開いて鉛筆をにぎるとき、わたしの前頭部あたりにその言葉が立ち現れていた……。

PC230021
「薔薇がきれいでした」と言ってしまわないで、

PC230024
「かわいい犬でした」と言ってしまわないで(……イエこの場合言っても良いです!)、

PC230020
「へんな格好の木でした」と言ってしまわないで――。

オリジナルの言葉を自分の中から紡ぎ出す……一応職業作家で生きている今でも、瓜生先生の教えはいつも心の中にある。
これが個性を育てる教育ってものじゃないのかなあ。
わたしも先生に習って、勉強中の人の習作を読むとき、手書きで講評を書くようにしているけれど、これが実は骨の折れる仕事。
こちらも、自分の言葉で書こうと思うから。
瓜生先生は、50人弱の生徒の作文に、毎週、講評を書かれていたのである……。

いつぞや、公立高校の国語教師の前で、作文について話をするという機会があった。
そのとき、
「誰でも、こころのなかで手紙を書くって経験ありますよね」
とわたしが言ったときに、まったく反応がなかった。
挙手してもらったら、誰1人、そういう経験をしたことがなかったのである!
こんな人たちが国語教師をしているのか!??
「あのー、主人に言えなかったことを、お風呂の中でつぶやくことはありますけど……」
この発言は、わたしの落胆をさらに深め、乾いた笑いしか生まなかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近ある思惑があって、「反省文 書き方」と入れて検索ちゃんしてみたら。
出てくるわ出てくるわ、「反省文の書き方を教えてください」という文言と、誰だか知らないが親切な人が示してくれた「雛型文」が。
雛型をいくつかピックアップして、適当にコピペすれば、立派な「オリジナル反省文」が書けるというご時世なのである。
なにか問題が発生したからこそ、その人は反省文を求められているのだろう。
コピペした反省文が、「求めた人」を満足させるだろうか。
相手を空疎な気持ちにさせるだけである。
――そんな想像力も働かないってのは、「反省文の書き方を教えてください」ってやつらはよほど頭が悪いと言うしかない。

PC230026
昨日の短歌の番組では、子供たちのみずみずしい表現に触れられて、わたしはしばし幸せな気持ちになれた。
どの時代でも、子供にはオリジナルの表現力が備わっているのだ。
それを「コピペ」っ子にしてしまっているのは、大人たちである。

ええい。
わたしはこれからも手書きの講評を書いていくぞ。
瓜生先生のような美しい文字ではないけれど。

作文のきほん” への3件のフィードバック

  1. 失礼しました。
    文章を読む「きほん」もなってないようです(泣)

  2. せんせー、「作文のきほん」なんですけど!
    わたしも身過ぎ世過ぎ。自戒を込めて書きました。

  3. 読んでいて深く頭を垂れてしまいました(笑)
    私も一応、モノカキの端くれにいる人間ではありますが
    身すぎ世過ぎで「作文のこころ」を忘れていることがありますね。
    感動してないのに、無理やり感動を「捏造」しているようなこともありますね。
    大いに反省しました。「作文のこころ」・・・いい言葉だなあ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中