新宿御苑のいちょう

朝の9時から、芝公園のクリニックで健康診断。
DSC_3829

「また近いうちに」と東京タワーに手を振って、地下鉄「大門」の駅へ。
どこかで写真が撮りたいなあと思って、新宿御苑と決め、でっかいデジイチをぶら下げてきた。
ルートが面倒かと思ったら、ああた。
大江戸線「大門」~「国立競技場」へ。
するとJRの千駄ヶ谷駅。
そこから――。
DSC_3831
総武線のガードをくぐって、

DSC_3832
徒歩3分ほどで、新宿御苑の千駄ヶ谷門に到着。
今まで生きてきて、大木戸門と新宿門しか知らなかった。
入場料は200円なり。

DSC_3840
ええ、こういうことなんです。
ジョギングコースにいいなあと思ったけど、走ってる人は一人しか見かけなかった。
DSC_3850
やあ、広いなあ。空が青いなあ。

DSC_3845
♪ うれしいなー ♪ 楽しいな-

人の姿もまあまあ。
これが閑散としてたら、それはそれでつまらない。
どこからか中国語も聞こえてくる。
観光客かな。

DSC_3857
圧巻! いちょうの大木。
カメラマン、カメラウーマンが、あおいでレンズを向ける。

DSC_3858
お天道様に映えて、黄金色。
きれいなー。
(さっきから、感嘆表現が小学生になってる)

DSC_3862
よーく見ると、まだうす緑色のコもいます。

DSC_3864
ちょうちょのような愛らしさ!

DSC_3863
黄金色のじゅうたん。

DSC_3867
散る葉っぱを連写でとらえてみた。
わかるかなー。手前の黄色い「未確認飛行物体」。

近くに温室があったので入ってみた。

DSC_3882

こちらは、鮮やか亜熱帯の花。
DSC_3885
紫も、ちゃんと再現できてるぞ。

DSC_3888

仏教の三大聖樹。
・無憂樹(マメ科)釈迦が生まれたところにあった木
・インド菩提樹(クワ科)釈迦が悟りを開いたところにあった木
・沙羅双樹(フタバガキ科)釈迦が亡くなったところにあった木
――だそうである。

DSC_3889
でこれが、インド菩提樹。
思わずソフトフォーカスになったのは、湿気でレンズがくもったため。

DSC_3890
薄いダウンのコートで、あせばむほど。
寒い日は、ここで暖がとれそう。

DSC_3892
ふたたび、いちょうの木。反対の角度から。

DSC_3893
これは、タムケヤマモミジ。

DSC_3895
ウラから。

DSC_3896

DSC_3897
絵を描く女性。

DSC_3899
絵を描く男性。

DSC_3898
新聞を読む人。
わたしは、アイスクリームを買って食べた!

DSC_3903
ここから、もみじ。

DSC_3908

DSC_3916
みどりと赤のグラデーション。

DSC_3922

DSC_3924
風に揺れる柳。

DSC_3926
すすきも。

DSC_3937
暗い場所は暗いまま撮りたかった。ああだこうだやって、やっと成功。

DSC_3927
カモさんのおしり。

DSC_3931
灯籠にかげ……。

DSC_3943
どの門から帰ろうかな……。

DSC_3939
帰りの電車賃を考えて、やっぱり千駄ヶ谷門から。
せこい!

DSC_3946
このガードをくぐって駅へ。
走ってるのは、総武線。

DSC_3917
別れを惜しみながら……。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中