曽爾高原(そにこうげん)

ここ数年、京都の同窓会にかこつけて、関西逗留を楽しんでいます。
11月14日、友人夫妻と奈良の曽爾高原へ。
大阪豊中からクルマで2時間半かかりました。

PB140054
ここは、自生のすすきで有名。観光客も多い。
ニッキーちゃん、まだ休憩には早いよ。
すすき、まだあるかな~。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ありました!

PB140059
山の一部に、光があたっています!

PB140058
おおきなすり鉢状になっていて、おもしろい地形です。
軽装の観光客は、平らなところを散策して楽しんでいる。
PB140073
わたしたちは、尾根沿いに歩きます。
下に見えてるのは、お亀池。

PB140062
晴れてたらここでお弁当広げるのもいいなあ。
PB140072
4時間ぐらい歩きを楽しめるコースもあり。
でもわたしたちは1時間コースに。

PB140078
すり鉢から吹き上げてくる風がきつい。
小雨は、あられかひょうかに変わって、顔につきささってくる。
さっきまでのどかにすすきをながめていたのに、「おいおい、どないなってんの~」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ニッキーの耳毛で、風の強さをご想像ください。
ここで「抱っこ~」と言わないところがうちの子のえらいところ。
こういう状況で抱っこしたことないから、その選択肢を知らないだけかも。
ラッキー。

PB140077

登って降りて、なだからになったところで、風も落ち着いてきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
かえでがきれい!

PB140092
山の紅葉も美しい!
PB140098
曽爾高原ファーガーデンのレストランでランチ。
運転する友人を尻目に、地ビールいただきました~。
ここには温泉もあるのですが、あいにく休館日でした。

PB140100
でクルマで移動、「はり温泉らんど」ってところでお湯につかりました。
関西だからって、ここまでケバくせんでもねえ。

強風とあられにちょっとびびったけれど(最初に写っているキャップが吹き飛ばされ行方不明)、すすきと紅葉を満喫した1日でした。
これも友人夫婦のおかげざます~。
行ってみたい方は、是非、こちらのガイドブックをごらんになってください。
関西から行くゆる登山 (ブルーガイド)

ブルーガイド「関西から行くゆる登山」
これを書いたライターこそ、この日一緒に歩いた山下仁美さんなのです。
……うまく宣伝に持っていけたわ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中