寺家ふるさと村・最終回

幕間に「アロエ」なんか挟みまして。
そして今回が最終幕。

つるまめ

つるまめ

おけら

おけら → コメント欄に由来あり。わたしの誤解だった!
草花のネーミングって、たまに詩情あふるるものもあれば、ぞんざいなものもありますね。
こんなにかわいい花なのに。

どくだみ
これは質問せずともわかりました……どくだみ
でも確かめました、先輩に。

のはらあざみ
のはらあざみ

木の穴
お弁当を食べたそばにあった、樹。
中を覗くと真っ暗……「この穴、ブラジルまで続いてるんだぞー」と言ってみたけど、受けなかった。

おおもなもみ
おおもなもみ おおおなもみ
通称くっつきそう。
われもこう
われもこう
そんな歌がありましたよね。こんなに可憐な花だったとは。

ああ、マクロレンズなあ。
シグマの70ミリマクロ、なかなか評判がよろしいようで。
「かみそりのような切れ味」だって。くっきりはっきり、ってことでしょうね。
あのレンズとあのレンズをドナドナして……と例によって妄想。
コンデジでは、リコーのCXシリーズのマクロがいいらしい。
買いませんよ、買いませんったら!

みぞそば
みぞそば

つりがねにんじん
つりがねにんじん

あずき
あずき! このなかに、例の赤い豆が入ってます。

山はっか
山はっか

里山の道沿いで、柿を売っていました。
次郎柿8個で500円。おばちゃんがさらに一つおまけしてくれました。

お茶処のそばでも、売っていた。
柿
「こっちは、7個よ」
すばやく数えたケンちゃんママ。
「2個ももうけたね、いひひ」とヒガシ。

PA240027
柿のとなりにありました。
水瓶をみると、撮らずにいられない。

そして、おまけ。いなほ
ゆたかな実り。
今回も充実した自然観察でした。

寺家ふるさと村・最終回” への1件のフィードバック

  1. 添削その3 「オケラ」の名前の由来は古名「うけら」が転じたともいわれる。花を取り囲む魚骨形の包の形がうけら(蓑)に似ているから。根は健医薬として屠蘇散にも入っているそうです。一文無しの「おけら」とはどうもちがうようです。  オオモナモミ→オオオナモミであり、種をくっつき虫と読んで子供たちが遊びます。誰かさん遊んでいたね!以上

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中