「カメラマン」って言われた!

仕事の帰り、新宿に立ち寄った。
DSC_0042

繁華街をうろつくのは久しぶり……。

DSC_0044

こういうディスプレイが当たり前になってきましたねえ。
わたしがショウウインドウに向かってカメラを構えていると、数人の中坊がいて、
「おい、カメラマンの人が撮ってるから」
とその一人が仲間に促して、スペースをあけてくれた。

DSC_0045

カメラマンって言われた!
相手は、ボキャブラリーの少なそうな中坊だけど!
ヒガシ、小躍り。

だからカメラマンらしく――。

DSC_0040

5時前の思い出横丁。すでにどのお店にも、ポツポツ客が座っていた。

DSC_0041
わたしも、きゅっとビールを飲みたい気分だったけれど、ぐっと堪えて。

ヨドバシカメラのカメラ館へ。
このカメラを触りに。

FUJIFILM X-Pro1

フジフイルムから出ている、X-Pro 1 というミラーレスカメラ。
うわさに違わぬ、重さと大きさだった。
ぶらさげていたNIKOND3100よりも、横幅勝ってたぞ。レンズを着けたら重さも勝つのでは?
でも「はき出す絵」がすごいそうだ。オジサンたちが喜びそう、ってのはよくわかった。

NEX-7
こちらは、ソニーのNEX7 というミラーレス。
電子ファインダー内蔵。
「光学ファインダーよりも良いですよ」とスタッフの人は言い切ったけれど、
「連写すると、カクカクカクってなりませんか?」
「ええ、カクカクカクってなります」
「走ってる犬を撮るのに向いてますか」
「いえ、向いてません。コントラストAFは、どうしてもレリーズラグがありますから」
出た出た、専門用語。
いわゆるデジイチは、位相差AFという方式で、コントラストAFよりも速いと言われている。わたしも、何度となくクチコミ情報で読んではいるのだが、
「あれって、ほんとうなんですか?」
「ええ、ほんとうです」
……この人、さっきからすごく明快で……気に入ったわ!
わたしがぶらさげていたD3100をちらっとみて、
「犬を撮るときにはデジイチ、静物を撮るときにはミラーレス、と使い分けるのがいいかもしれませんね」
とのことであった。
彼も商売ではあるからして、

OLYMPUS PEN Lite E-PL5
「今日発売になった、オリンパスPL-5は、コントラストAFでありながら、速いですよ」
と勧めた。
体感的に、ではあるけれど、確かに速い気がした。
でもこのコに、ファインダーはついてない。
一長一短。
……それがよかった。後ろ髪を引かれずに新宿をあとにすることができた。

それにしても、量販店のなかで、ヨドバシカメラはいいなあと思う。
デジイチのフロアでは、オジサンが重厚なフルサイズのカメラを構えて、あれやこれやと質問していたけれど、スタッフはとても丁寧に対応していた。
ああいう光景はいい。

わたしは、恵比寿でアクセサリーを買った後やっと、駅中のビアカフェで休憩。

DSC_0047

ああ、疲れた疲れた。
街中をうろつくのって、ジョギングよりも来るなあ。

DSC_0046

二杯目のビールはぐっと我慢して、帰りました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中