戦争映画

夜中に目が覚め、テレビをつけたら戦争映画をやっていた。
思わず入り込んだ。部屋の電気をつけ、ソファに座り、番組表でタイトルを確かめる。
「ああ、これが、フルメタル・ジャケットだったんだ」
未見の映画だった。
映像を見ながら、iphoneで検索――これ、最近のスタイル。

1987年 スタンリー・キューブリックの作品。

hurumetaru1

見覚えのある主役は、マシュー・モディーンという俳優。

hurumetaru6

ウィキペディアには、面白いエピソードがあった。
まるまんま、引用。(あくまでウィキの情報ですよ)

他のキューブリック作品にも顕著なことだが、キューブリック自身が再翻訳をチェックするプロセスを採っているため、直訳のままでは外国人にわかりづらい言い回しの冗談がたびたび見られる(「あっちはジョン・ウェイン? こっちは僕?(「ジョン・ウェイン気取りか、ふざけんなよ」というニュアンス)」など)。当初本作の字幕翻訳は戸田奈津子が担当したが、台詞を柔らかめの表現で翻訳したため、再英訳を読んだキューブリックは汚さが出ていないとして拒否。急遽、当時ハリウッド在住だった原田眞人がキューブリックと直接連絡を取りつつ翻訳した。例えば「BORN TO KILL」を直訳の「殺すために生まれてきた」ではなく「見敵必殺」としたり、海兵隊の掛け声である「ガンホー」を「闘魂」と翻訳している。原田は戦時下のベトナムが舞台でスラングが飛び交う映画『グッドモーニング・ベトナム』でも字幕翻訳を担当した他、『時計じかけのオレンジ』ビデオ用字幕の新訳も手がけることになった。

字幕を再翻訳させてチェックする、というのがオモシロイ。
確かに、字幕のコトバは汚かった。汚くなくなくてはいけなかったんだね。

hurumetaru4

キューブリック曰く、「反戦映画をつくる意図はなく」「戦争そのものを映画にしたい」。

リアル。
とカンタンには表現できない。
だって、戦争も戦場も、身近に知らないから。

hurumetaru5

しかし、このような戦場を体験した人間の、その後の人生が容易でないことは、想像できる。
どすん、と重い弾を撃ち込まれたような読後感があった。
「お茶の間映画館」ではあったけれど、「ああ、映画見た~」と満たされ、朝を迎えてしまった。
ラストシーンについてとか、クレジットにかぶる歌についてとか、すっっごく言いたいのだけれど、未見の人のために我慢するね。

映画の舞台になっているフエというベトナムの古都には、行ったことがある。
世界遺産に指定されたと言っても、素朴な田舎だなという印象だった。

hue

あのとき、ガイドの男性にベトナム戦争の記憶を聞いた。
彼は終戦の時小学生だった。
焼身自殺するお坊さんをその目で見たことがある、と言っていたな。
とても穏やかで知的な物腰の人だった。

フルメタルジャケットを見終わったあと、開高健の「輝ける闇」を読み返したくなったけれど、そう思いながら時間だけが過ぎていくんだろうな。
ああ、心の中の「つんどく」のなんと多いことか。

戦争映画” への2件のフィードバック

  1. コメントうれしいです。
    子供の頃、「コンバット」を好きでよく見ていましたが、第二次世界大戦までは、「正義としての戦争」がまだ信じられていたのでしょうね。
    ベトナム戦争を描いた映画には、その奥に、アメリカ人が気づいてしまった空虚があるような気がします。「ディアハンター」もそうでした。
    今朝ほどこの映画を見たあと、「それでも戦争は続いてるんだなあ」と思った。中東に赴く現代の若いアメリカ人を思うと、本当に辛い気持ちになります。

  2. フルメタル・ジャケット、確かにドスンと来る映画でしたね。
    観終わった後、人間は何と愚かしく「度し難い」生きものなのだろうと
    やりきれないような思いになった記憶があります。
    マイケル・チミノの「ディア・ハンター」などもそうですが
    アメリカにとってベトナムの傷痕は社会全体の病巣にように
    帰還兵や家族の心を蝕んだものと想像されます。
    あの鬼教官のリアルさが妙に心に残っているのですが
    結局、戦場には奇麗事などいっさいなく、殺すか殺されるしかない
    その極限状況で人の心は壊れていく・・・
    当たり前のことがあらためて空恐ろしくなって来ます。
    私も「輝ける闇」、読み直してみよう・・っと!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中