預かりさんという仕事

最近愛読しているブログに、里親を募集しているわんこたちが紹介されていた。

見てみて!

 

http://ameblo.jp/miyashibori/entry-11323428785.html

 

このブログにも書いてあるが、ペットショップで犬を買おうとされてる方は、「保護犬の里親になる」という選択肢も加えて、検討していただきたいです。

nikki

わたしもこのヒトを「買う」前、お見合いしたりしました。
たまたま元気すぎる吠え吠えのジャックラッセルテリアだったので、犬飼ビギナーだったわたしは、「うーん」と尻込みしてしまった。
どうしてるかな、あの子。
少し保育経験があれば、またちがった見方ができたかもしれない。

保護団体に電話したこともあるのよ。
とても譲渡条件がきびしくて、「家でする仕事なので留守番時間は短くできます」と説明しても、独身者はダメと拒否されてしまった。
冷たい文面のメールが帰って来たことを覚えています(根に持ってる?)。

今は多少状況が変わり、独身者でもケースバイケースで検討してくれて、譲渡してくれる団体もあるようです。
5年の間に、時代は動いているのかも。
周囲に、「この子、保護犬だったのよ」とおっしゃる飼い主さんが増えている気もする。

預かりボランティアという仕事もある。
このブログで紹介されてるテリア系に、正直ヒガシはそそられる……。
しかし、ニッキーが「犬見知り」であることが気がかり。
あんひなママが言ってたっけ。もなかちゃんを預かりはじめて、あんちゃんとひなちゃんが下痢してるって。
ニッキーがいやがることはしたくない、という気持ちも強い。
「意外とニッキー、順応性があるかも」
とも思うのだが、こればかりはわからないのだ。

……というわけで、わたし自身がまったくお手本になってないのだが。
犬と暮らしたいという人が周囲にいたら、上記のブログ、読んでもらってください。
どうぞよろしく!

預かりさんという仕事” への4件のフィードバック

  1. ブログ拝読しました。
    映像も。地面に立ち草の臭いをかぐ……これが本来あるべき犬の姿ですよね。
    知らなかった情報もありました。
    ありがとうございます!

  2. 6年前ハルの時の譲渡条件で腹が立ってやめようかと思った時があります。可愛いワンコのために乗り越えましたが・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中