こんなのできた!

毎年、2月終わりから3月にかけて、必ず掘り返している遊歩道があります。
恒例「年度末の消化試合」と思って、苦々しく迂回してましたが、今年はこんなふうになってた——。
DSC_0490

植え込みの途切れた箇所が、それ。
ちょうど半畳ほどの広さ。
さてナンのためのスペース?

DSC_0489
「さあ……」
犬ともが教えてくれました。
「お花見コーナーよ。ここからほら、身を乗り出したら、桜がよく見えるでしょ」
なるほど。これしか正解はないように思われます。
区の道路課の会議で「名案」を絞り出した人がいるのかな。
「あのうカチョー、もう掘り返しても目新しいことがないんですが」
「なんかないのかね、それを考えるのが君たちの仕事だろ」
「カチョー、こういうのどうです? 桜がよく見えるコーナー新設置!」
「(同僚)安易だよ、そういうの」
「いや、いいじゃないか。植木君、それをやりたまえ」
「でしょ、カチョー。仕事なんてこんなもんよ。だはは」
なぜか大笑いしているムセキニン男、植木等の顔が浮かんでくる。

今年はここに人が群がるのかなあ。その評判やいかに?
お座り!と言っても横着かましてたこのネエサン——。

DSC_0499

公園で、「○○の退屈男」コトマロンパパに出会うと、このとおり。
しゃきーんとお座り。

DSC_0500

ねらいは、おやつ。
マロンパパ、いつもごちそうさまでーす。

DSC_0504

ネルちゃん(左)とハルくんにも出会いました。
今朝は暖かく空気が澄んでて、ほんと、お散歩日和ですねえ。
(お二方の”肖像権”はビーフジャーキーで話をまとめました! 今度ね)

DSC_0493

公園の中に作られた、なんちゃって里山。
れんげ草。
原風景の中に、家族と歩いたれんげ畑があるのだけれど、あれはいつだったのかどこだったのか。
早春の肌寒さだったのか夕刻がせまる寂しさだったのか、決して”楽しい一日”というファイルにはなってないのだが、なぜかれんげ草を見ると、あの風景と気分がよみがえる。
いったいどこだったのか、母親がいるうちに聞いておかなくちゃ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中