ちらし寿司

DSC_0339

母が送ってきたちらし寿司。
ひな祭りはずっとそうです、何十年も。
歳月のなかですっかり慣らされたか、ちらし寿司は母が作ったものが一番口に合います。
お昼にチンして食べまーす。
(全部で3食分ある!)

ちらし寿司” への6件のフィードバック

  1. はとこちゃん、

    ありがとうございます。
    母に伝えておきますね。
    (ごめんなさい、コメント見つけるのが遅くなっちゃって)

  2. 懐かしい。写真をながめていたら、ちょっと涙が出てきたわ。京都から阪急電車に乗って、ちらし寿司ちらし寿司・・・・・ちらし寿司だけは、思い浮かぶのは母の顔ではなくおばさまのお顔です。長生きなさってください。

  3. kenjiiwasa さま、

    一度お母様にリクエストされてみては?
    食べながら「いつかは……」と思わないではないです。

  4. いいですねぇ。私の田舎、徳島では五目すしかな。一人暮らしのわが母はもう手の込んだ料理はしなくなりました。イコールもう食べられへん。

  5. そうですね、関西ではバラ寿司。
    炊き込みご飯も、母の味、かなあ。
    別れた夫の母親、とかいないし!
    今日は母が泊まり。
    夕飯は、わたしが、うどんの粉末だしで茶碗蒸しをつくります。
    「はなまる」でやってたの!

  6. ああ、ああ・・・(感嘆)
    ちらし寿司はやっぱりお母ちゃんの味だよね。
    関西では「バラ寿司」と言うんかな、懐かしい!
    ちなみに「炊きこみご飯」は
    別れた嫁の母親の味が抜群だった・・・(複雑)
    お母様をお大事に!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中