飼い主のための勉強会 ~ 講師について

世田谷に「ドッグシェルターという犬の保護団体があります。
わたしがニッキーを飼い始めたのは、2007年の夏ですが、その前からそしてその後もずっと、
ドッグシェルターのサイトはよく通っています。
愛護センターなどから引き出された犬たちは、「預かりボランティア」の人たちの家で、
里親との縁を待つことになります。
預かりさんのおうちで、家庭犬としての修業をするんですね。

預かりさんたちは、お散歩のお作法を伝授したり、あるいは室内トイレを教え、
またおもちゃで遊ぶ楽しさを経験させます。
ブログには、そのプロセスが詳しくレポートしてあるので、初めてひとりで犬を飼うに当たって、
わたしにはとても参考になったんですね。
ええ、育児書として。預かりさんたちが、「スポック博士」なのです。
ときに、手作りごはんやおやつのレシピを知ることもできました。

今回の勉強会の講師にお呼びした里見潤さんは、ドッグシェルターで4年以上専任トレーナーをつとめてこられた方です。
犬たちを預かりボランティアに渡す手前で、保護した犬たちをまず自分の家において、慎重にかつ優しく観察するんですね。ハウストレーニングなど基本的な躾をここで学ぶ犬たちもいます。
サイトには、里見さんが書かれたそれぞれの犬の性格や行動、「どんな家庭に向いているか」が載っています。
その文章がすばらしい!

お見合いの釣書(って今でもあるのかな)とちがうのは、犬たちのネガティブな面……たとえば、車の音におびえるとか、お留守番が苦手とか、……そういう事実もちゃんとレポートしているところ。

保護犬の里親になろうという人に、冷静に判断してほしい、という誠実な姿勢があるからだ、と思います。

里見さんが早い時点で、東日本大震災の被災地に乗り込んで、犬たちを保護する活動をされたのを知っていたので、今回、是非、その体験談にもとづくドッグトレーニングについてお話いただこうと思ったのでした。

貴重なお話が聞けると思います。
是非是非ご参加ください。

申し込みは、メールでできます。
nakamewanwanclub@yahoo.co.jp
お名前、連絡先電話番号、犬種、年齢(犬のね!)、性別(犬のね!)をご記入の上、お申し込みください。
*当日は会場に犬は入れません。飼い主さんだけでご参加ください。

会場のある中目黒公園は、東急東横線「中目黒」から徒歩12分。

お待ちしています!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中