雪散歩

起床6時。夜が明けきる前に家を出ました。

アスファルトの路面は、クラッシュアイスになってる。
ウイスキーグラスを持って来たいほど。
下り坂はとてもこわい。

新聞販売店の前。
バイクに新たな新聞の束をくくりつけながら、
「今日の終わりは、ま、8時半ってとこだな。はは」
からりと言い放ってる男性。
そうだなあ、バイクの運転も大変だ――。
と思ってたら、
つるん!
自分が転んだ。
脇を走って行く新聞のバイクのお兄さんが、
「大丈夫ですか?」
と声をかけてくれた。わざわざ停まって。
はずかし~。
だから、人の心配してる場合じゃないんだって。
どうやら足腰無事。
おお、カメラも無傷。
「転んでもデジ一を離しませんでした」
ちゃんちゃん。


いつもの公園です。


お、つくりましたねえ!
横切ってるのは、カメラ男子。キャノンのストラップ。
思わずあいさつ。
「雪の日はなかなか撮れないもんねえ」と男子。


制作担当者にインタビューしようと思ったら、向こう向いちゃった。
ひとりで来たのかな……?


ところで、どのモードで撮っても、「きっぱり」写っちゃう。
このどんより感を……。


Mモードで撮ってみた。暗すぎたなあ。
なんじゃかんじゃやって楽しめるのは……ニッキーがいないから、でありますが。
出てくるとき、まだ布団のなかにいたもんな。
犬が丸くなってどーすんだ!




中国体操の先生、いつもの場所で、すでに準備運動。
薄着!


ここにもオブジェ。

「お父さん、大丈夫かなあ……」
大丈夫じゃなさそう。白くない箇所は、凍ってるのです!


やってます、やってます……。

ふと思いだした。
今日は、母の病院の日。
三ヶ月に1回の眼の検査(黄斑変性)。
予約を入れていると何が何でも来ようとする母。
台風の日もそうだった。
キャンセルするように、と公園から電話する。
「どうやってキャンセルするの?」
頭の中に、病院で決められたことは遵守せんと、という前提がある。
今日なんて、キャンセルたくさんだと思うけど。
病気の性質上、「老人外来」だから。
「今日は、一歩も外に出るな!」
と厳命して電話を切る。
ふぅ。


そう。自転車だって乗れませんよ。


ええ、先生は平常心ですが……。

陽がさしてきました。

「だから! 雪食べないの。お腹こわすから!」
……でもやめられませんっ。

ニッキーの散歩は、クラッシュアイスがとけた頃を見計らって出かけよう。
そろそろ歩きで、帰宅。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中