――と思いきや!

ニッキーと病院から帰ってきました。
今日は抜糸ができませんでした。


先生、糸を切りながら切開のあとを確認。
「どうも着きが悪いようですね……」
糸を切ってたハサミは、バンデージ用に変更。
今度は緑だ……新春バージョン? *わたしが色指定したわけじゃありません。
看護師さんに身をあずけながら、おとなしく新しいバンデージを巻かれるニッキー。
(これで年を越すのか……)
病院には新年6日に行くことになった。
「その時にまた、見ることにしましょ」
その日に抜糸、と言わないところがこの先生。
言葉、選んではるわあ。
犬の体質により、着きの悪いコもいるそうだ。

お母ちゃん、がっくり。ビール飲んじゃってまーす。
写真のニッキーは、無心に馬のアキレスしがしがしております。

病院の待合室では、40年この先生にかかってるという飼い主さんの話を聞いた。
わんちゃんは3代目、だそう。
信頼されてる先生。
医師が慎重であるのは、いいことなのだ。
うちの父も慎重な人だったなあ……いらいらするほど!
「用心するにこしたことない」
今日だってそう言うだろうか。

お母ちゃんはね……この格好で温泉に連れて行くのが、なんだかなあ、なのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中