石巻市と松島・瑞巌寺

23日石巻の市内に入った頃、雨が降り始めました。
わたしは、瓦礫の残る地面をがしがしと歩くものだと思って、トレッキングシューズを履いて行ったのですが、
私たちはバスのなかで、ボランティアガイドさんの説明を聞くことになり、靴は用をなさず。
写真は、車中から撮ったものなので、ぶれもあり雨粒有り。ご容赦を。

海辺の建物。中ががらんどうです。

小学校か中学校の校舎。窓は全部“窓枠”のみです。

瓦礫はほとんど片付けられているのですが、ぽつんぽつんと被害を受けた家屋が見受けられました。
人の気配はありません。


おびただしい数の車が積まれた場所。

家屋がぽつんと残されている……こんな風景が多かったです。

商店街。レンガ造りのちょっと有名な建物だったそうですが、1階部分が被害に遭い、封印されていました。

灯りにあるお店にはほっとしました。クリスマスリース! パッチワーク教室!

町の人が避難したという山に行きました。(名前失念!)まだ雨が降っています。
「降りたい人だけどうぞ」
ということで、バスを降りました。
北上川が望めます。

 この場所は、しっとりとした公園になっていました。

犬飼族としては、「お散歩に気持ちいい場所だな」なんて思ってしまった。
石巻開港350年とあります。

見晴らしのいい、憩いの場所だったろうと思います。
3月11日、避難して来た人たちは、ここから惨状を目の当たりにしたのでしょうね。
きれいに瓦礫は取り除かれているものの、区画の道ばかりが目立つむき出しの地面が拡がっています。
言葉をなくしました。

こういう横断幕を何回か目にしました。
「いえ、何もしてないんですが……」とうつむきたくなります(笑)。

どこからか猫が現れました。
首輪をつけてます。わたしたちがバスに戻ろうとすると、みゃーみゃーとさかんに鳴きます。
「もう行っちゃうの?」
そんな感じ。

夕方近く、松島の旅館にチェックイン。
あとはお風呂で手足をのばして、そしてビール!!!!
と思ったんですが、松島の瑞巌寺のライトアップ最終日と聞いて、同行の友達と出かけることにしました。
5時過ぎ。

瑞巌寺・入り口。
もう辺りは真っ暗なんです。
東京が明るすぎるのか、旅館からお寺に行く行程もとても暗く感じました。

参道がロウソクの灯りで照らされています。
右前、お友達の姿が亡霊みたいになってる(笑)。

境内。岩肌に添うようにして置かれている仏像。
グリーン系のライトアップで、少々「作りすぎ」の感もありましたが、美しかったです。

 ね、みどり。

石仏っていいですよね。
大好きです。
お風呂の時間をそいで、出かけて行って正解でした。
帰りに地酒屋さんに寄って帰ろうと言ってたのですが、5時57分の時点で、すでに閉店していた!
「うう~」
悔しがる友達。
欲がないのかなあ、土産物店もおしなべてしまっている。
瑞巌寺には、カップルを含め若い観光客がいっぱいいたのになあ。

石巻市と松島・瑞巌寺” への1件のフィードバック

  1. 石巻に行かれたのですね。
    写真を見ただけでも声を失うのに、現実はいかばかりか・・・
    ニッキーママの文字にならない言葉が、辛いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中