ニコンのレンズ

「おじさんたちは、マイクロフォーサーズのカメラに古いレンズを装着して楽しんでいる」
と教えてくれたのは、大学時代の友人、アキラビッチ。
「お、うちにもニコンの古いレンズがごろごろしてるぜ」
捨てないで良かった。

35㎜ f値2.8
50㎜ f値2.0
100㎜f値2.8

改めてみたらこんなにあった。
まずは、マウントアダプタという器具を買いに行く。

要するに、ボディとレンズの継ぎ目の役割をする部分ですね。
一番安い4000円台のものにした。
動作確認。

「おお……」
と売り場の女性スタッフ。
余談になるけれど、こういう専門店にも女性が進出している。
このお店は、ベテランも若い人も、男性も女性も和気あいあいと仕事をしていて、
好感が持てる。
経営者がえらいんだな。
とにかく、女性スタッフが、弾んだ声を発してくれたんである。

100㎜で撮るとこんな感じ。

マイクロフォーサーズだと、200㎜換算ってことになりますね。
このデジ一の換算はいつもややこしい。

50㎜レンズだとこんな感じ。

こちらは100㎜換算ってことになる。
お、なんか楽しいぞ。

新しい酒を古い革袋に入れる。

なんてフレーズを思い出した。ちなみにこれ、新約聖書の言葉ですって。

デジタルボディにアナログレンズをつける。

――ってそのままやんけ!
この場合、ピントは手動なんです。
これが不安だった。

でも失敗しても、何度も撮ればいいのだから、これが新しい酒のいいところ。
さあ、動くものにも挑戦。

「撮ってもいいですか」と了解を求めたら、
おじさん、こんなことしてくれた。
抱っこされてる姿がよかったんだけどなあ……(涙)。
これはちょっと日陰だったから、pcの方で明るさを調整しています。
他の写真は、そのまんま。

100㎜レンズは画像がでかい。今度、広いところで試してみよう。
50㎜レンズはスナップ写真にいい感じ。
カメラケースも買ってしまった。

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中