オンリーワン

好きじゃないんだなあ。

「ナンバーワンじゃなくて、オンリーワンを目指します」

目指すならナンバーワンにしろよ。その方が潔い。

今朝ほど、ラジオ番組のなかで、ピーター・バラカン氏が、

「英語のonly one に、『唯一無二』という意味はありません」

ときっぱりおっしゃっていた。
張り切って英語でスピーチ、ってときに、気の利いたこと言うつもりで、

「この会社でonlyoneになりたいです」

なんて使わない方がいい、ってことですね。

このオンリーワンって表現、「個性とはなんぞや」というテーマに発展すると思われますが、
所詮、個性なんてものは、おのずと現れてくるものであって、わざわざ「目指す」もんじゃない。
「自分大好き」はいいからさ、自分に責任が持てる大人になってよね、と言いたいですな。

オンリーワンが、まるで「気が利いた」表現でもあるかのように使われていることと、
モンスターペアレントやモンスターペイシェント、モンスタースチューデント(?)の出現とは、
根っこが同じような気がしますね。

早く、この言葉が、風化すればいいのに、と思います。

 

オンリーワン” への4件のフィードバック

  1. 無責任社会
    どうしたん?
    画面は白いし、いつになく過激な意見・・。

    only oneから飛躍した結論。

    現在の日本、だれもが、何らかの不満を持っているのは事実でしょうね。この閉塞感、不満をどこへ持っていくか、全国民迷っていると思います。

    人生を終りにしたかったので、無差別殺人をした人、政府が煮え切らないので、YOUTUBEに尖閣動画流した人、いろいろですね。

    今、私もこの現象に大いに興味を持って、いかにして表現、分析したいかと思っているのですが。

    たとえば、民主主義とは最善の方法なのか、マスコミの報道はこれでよいのか・・、などなど
    ・・。今の結論としては、責任を誰も取らないから、そんな無責任な社会体制だからだと思っているのですが、いかがでしょう?正論は未来にあるのでしょうけどね。これも無責任かな。

  2. Unknown
    犬ネタ以外でも、コメントをいただきうれしいです(笑)。

    CJママの言葉で気づかされたのは、ナンバーワンとは「最善の自分」と訳せるということですね。

    向上心と好奇心は、いつまでも持っていたいなあ、と思います。
    まあ、しんどき時は休憩するとして(笑)。

  3. 同感です。
    スマップの曲を聴いて、違和感を感じた私・・・
    それは何故か・・・

    この世に生れ出た時点で、すでにオンリーワン!だと思っているから。
    だからこそ、ナンバーワン!を目指す意味があるのだと思います。
    ナンバーワンを目指す。。。
    それは、向上心を持って自分の目標に向かおうとする純粋なエネルギーであると思います。
    結果ナンバーワンになれなくったっていいんです。
    その気持ち・過程が大切だとも思います。
    そして、そうやって目標をもって自分を高めようと頑張ってきたその人は、いつかきっと自分が歩いてきた時間を自分自身最高の時間(ナンバーワン!最高の人生!)だった!て、思えるように思います。
    ・・・何をもってナンバーワンであるか・・・

    それは、その人自身の人格・性格・周りを取り巻く人々とも深く関わるるものなのかも知れませんね。。。
    さて、さて・・・
    私自身、ナンバー1!目指していますか~!?
    う~む・・・
    家族(犬も含むたちにとって最高の私の存在であること・・・かな!^^

    結構、ハードル高いですが、、、

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中