~的な

今、ラジオで中国語講座を聴いていて、ふと思ったのですが。

中国語で、

从北京来的学生

と言うと、「北京から来た学生」という意味になります。

的は、日本語で言うところの「の」を働きをします。
例えば、

呢可的饭(ニッキーのご飯)

というように。

それと、「北京から来た」という文章をくくって形容詞句にする働きもあるんですね。
(初級中国語です、えらそうに言ってるわけじゃないのよ)

ワタシ、キングオブコメディが演ずるところの女子高生が好きなんですが、
「つまり、北京から来ました的な!」
なんて言い回しをしてますよね。

あれって、まさに中国語における「的」だなあ、と気づいたわけです。
昔は、「○○しました的な」とか「○○じゃない?的な」のように使う、口語はなかったと思います。
新しいカジュアルジャパニーズが、「北京から来た学生」に使い方が似ている、というのが面白いですよね。
的が、文章をくくって形容詞句を作っています。

でも、日本語の「的」は、感傷的とか独断的とかって言うように、ど真ん中を表現するものではなく、
「どちらかというと、そうなのよ」的な!用法なんですよね。
断定を避ける表現。

だから、「从北京来的」を北京から来ました的な、と訳してはまちがい。
中国語の的は、ど真ん中。
断定的事実です。

今から、ヨーグルトの朝食を。
お正月で増えちゃったでしょうが的な、体重を気にしています……。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中