どこでも……

さて、これはなんでしょう。

コンパネ、っていうんですかね。
近所の材木店で分けてもらいました、タダで!
用途を説明すると、
「じゃあ、アテイタでいいのかな」
とがてん系男前のお兄さん。
どこにでも、専門用語がある。……当て板、と書くのかな。
トラックから降ろすところを見ていると、製品の表に、カバーするがごとく、確かに「当て板」があてがわれている。
男前のお兄さんは、電動のこぎりで、わたしの希望するところの90㎝×90㎝にカットしてくれた。
それでもタダ……「どうせ捨てるものだから」。
ヒガシ、感激。
翌日、ばかうけとかエンジェルパイとか駄菓子を持ってお礼に行ったけど、あいにく彼の姿はなかった。
ちゃんと渡してくれたかなあ……。

でお待たせしました。
何にするのかというと……。

はい、タップ版です。名付けて「どこでもタップちゃん」。
市販品に「どこでもタップくん」がありますが、兄妹ではありません。
(タップ仲間には受けるはず、なんだがなあ)

今朝、さっそく、このカバーを掛けたまま某所に運び、練習してみました。
音がでかい!
自分が鳴らす音の均一性に欠けるリズムが、直耳に届いて――。
おい、うるさいぞー。
と自分にクレーム入れてしまった。

しかし、せっかく男前のお兄さんが善意でカットしてくれたタップ版、
しばらく練習にいそしみたいと思います。

今朝、読売オンライン、アップしました!

http://otona.yomiuri.co.jp/people/wandm/100930.htm

どこでも……” への2件のフィードバック

  1. これが実は重くて、
    フラフープの広場まで、とても運べません。
    すぐ近くの某所です。

    発表会直後は、誰もがモチベーション上がってて、レッスンは結構活気づいています。
    どこでもタップちゃんの成果があがるといいんですが……。

  2. 楽しみですね~^^
    ・・・と、言うことは~!!
    来年の発表会で、再び華麗なタップ姿が見られるってことですね
    ・・・折角作った“どこでもタップちゃん”使っているところを拝見したいなぁ~
    (某所って、フラフープしている方もいる広~い所??・・じゃないかっ、、)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中