Schnauzer in Britain


 ニューヨークに住んでる、大学時代の友人、Mちゃん。
 彼女はよく、ダンナさんのお里帰りに同行し、欧州旅行をしている。
 いつだったか、わたしがニューヨークに遊びに行ったとき、京都の味を思い出してもらおうと、西武百貨店の地下で調達した、「ニシン」&「そば」をMちゃんにさしあげたら、意外にもダンナさんのギュンターが、涙を流さんばかりに喜んでくれたとか。
「ああ、ふるさとの味や~」(かなり意訳)
 ――はい、ドイツ人のギュンターのふるさとは、ハンブルグ。
 海に面したハンブルグでは、よくニシンを食べるそうなんです。
 で、ニシンそばもこころよく食べてくれたんですね。

 と回りくどくなりましたが、今回、ハンブルグも含め、「ドイツに行くよ~」とMちゃんから知らせがあったので、
「ほな、シュナウザーを見かけたら、写真撮ってきて~」
 とわたしはおねだりをしたんです。
 ドッグショーで、ジャイアントシュナやスタンダードシュナを見てから、ヨーロッパの街を歩く彼らを見たいなーと思っていたものだから。

 旅行から帰ってきたMちゃんから、メールをもらいました。

多江ちゃんのご用命に沿うよう努力いたしましたが、シュナウザーってなかなかいないものです。(ジャックラッセルはうようよいるけど・・・)
イギリスのドーバーに寄った時、「いた!」と思って携帯電話中のお兄さんに写真撮らせて!とお願いして撮ったら、添付のように空振りでした。
でもこの犬、一体どんな犬種でしょうか?

 
そうか、ジャックはうようよいてるんかぁ(笑)。
 空振り、という結果報告でしたが、でもわたしのミッションに忠実なあまり、携帯電話をかけてるお兄さんに声をかけたMちゃんの姿を思い浮かべると、なんだか楽しくなってきました。
 どれどれ空振りでMちゃんはどんなわんこをカメラに納めたのか――???





  ぐわーん!
  これ、シュナウザーやんけ~!!
  シュナ歴3年のわたしには、シュナに見えるんですけど――!

  シュナは、「ソルト&ペッパ-」という同じ種類でさえ、グレイの濃淡はさまざまで、
  カットの仕方がちがうと、趣きも変わってしまうんですよね。

 でもMちゃん、どんな犬種でしょう? ってこれ、シュナウザーって犬種ですぅ。
 お兄さんが電話中、こうしてお座りして、おりこうさんやないですか。
 ……それにちょっと、リードも素敵ですよ。
 きれいな脚をしたお兄さん……どんなお顔なのかが気になりますね。

 ――ってことで、イギリスのシュナをご披露してみました!


 
 




   




 


 



 


 

Schnauzer in Britain” への2件のフィードバック

  1. キミは誰??
    く~ッ。かわいい!
    でも、なに?シュナッチじゃないの??ノーフォークにシルバーがいるの???なに?なに??眉毛もある‥と、やっぱり見事に看破してくださいましたね。
    外国の犬は、街中でのお行儀が感嘆ものですね。憧れてるんだけどなぁ。

  2. イギリスのシュナ
    シュナウザーやんけ~!! って、世界中の人が見ているので(?)お言葉は上品に・・・。
    犬飼族のおみやげは、やはり犬の写真ですか。
    徹底したご趣味には脱帽!  でも、湖でワンコを泳がせるのに比べたらかわいいものですかね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中