P社


 母が新しいテレビを買っていた。
 デジタルテレビもずいぶん安くなっているなあ。
 近くに量販店の支店もあるのだが、母はいまだに、「町の電器屋さん」で買っているよう。
「設置は全部やってくれるし、古いテレビは持ってってくれるし」(母談)
 町の電器屋さんは割高、というイメージがあったが、値段を聞いて、量販店のネットショッピングと比較してみると、たいして変わらない。
 欠点と言えば、メーカーが固定してしまう、という点か。



 母が町の電器屋さんをひいきにしている間は、家電はP社揃いってことになっていく。はい昔は、N社と呼ばれていた会社です。
 リモコンのボタンがやたらにでかいなあと思ったら、これは老人対応だった。
 左はノーマルのリモコン。すべての製品に「でかボタン」が付随していると思えないのだが、これは電器屋さんが気を利かせてくれたのか。

 以前、朝のドラマで、町の電器屋さんが閉店に追い込まれるというエピソードが出てきたが、世の中の趨勢はやはりそうなんだろうか。
「○○さん、ちゃんとポイントもつくのよ」
 と母は威張っていますよ。○○さんと店をさん付けするのも、町の電気屋さんならではだなあ。
 ビックカメラさんとかヤマダ電機さんとか言わないしぃ。

 老人家庭にとって、町の電気屋さんはやっぱり頼りになる――ってお話でした。



 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中