ラジオへラジオへ


 昨日、古い友人に会った。
 映画青年の彼と知り合ったからこそ、わたしも開眼したのだ。
 人生の恩人、と言うてしまおか。
 私と同じだけ歳を重ねてきた同級生。
 で、お昼のにぎり寿司定食を食べながら、さっそくアカデミー賞の話になった。
「アバターもえくぼ」
 なんて私が言っても、「また言うとる」って感じで穏やかに受けてくれるN君。
 久しぶりに会ったもんだから、握りをひとつ食べ終わるまでにも、話が飛ぶ。
 N君が、何人かの女子アナの名をあげ、
「○○○、ヒガシ、嫌いやろ?」
「△△△も、嫌いやろ?」
「●●●も、あかんやろなあ……」
 これが憎らしいほど――ビンゴなのだった!
 決して女性の心理に敏感、って人じゃないんだけど。
 それで、N君が、「多分、この女子アナは嫌いやないと思うで」と前置きして、あるラジオ番組の名前をあげた。
「TBSラジオの『小島慶子のキラ☆キラ』って番組なんやけど」
 へえ。確かにこのアナウンサーは嫌いじゃない。どちらかというと好きな方だ。
 わたしもお返しに、インターFMの「バラカンモーニング」をお教えした。
 なんか、にぎりの玉子とイカを交換するみたいに。

 数年ぶりに会って、二人ともラジオ好きになっていた。
 N君、もうほとんど、地上波のテレビは見なくなったそうだ。
「たまーに見ると、なんかうるそうてな」
 うん、わかる。
 アナログテレビの彼は、完全地デジ時代に突入したとき、どうするんだろう。
「もう見えへんでええか、思てるねん」
 ……そういう人も意外と多くいるかもしれない。
 N君ちのアンテナは優秀で、BS放送だけは取り込んでくれるのだそうだ。

 もうええ歳である。
 好もしくないもの、(精神的に)必要ないものを、そぎ落としていく時期に来てるのかもしれない。
 わたしにも「辞めた」ものがいくつかある。

 少し話したりなかったけれど、2週間後、私の胃カメラ検査の後にまたランチしようと約束して、みぞれの中を帰ってきた。楽しみ楽しみ。




 「まいにち中国語」をほぼまいにち聴いてる、愛用のラジオちゃん。
 数年前のお誕生日プレゼントでもらったもの(リクエストして!)。
 うーー、TBSラジオ入りが悪いがな。せっかく好きな女子アナなのに。



 
 



 

ラジオへラジオへ” への2件のフィードバック

  1. 意外でしょ?
    笑ってられるのもいまのうち……だけだったりして。
    鉄の胃袋の劣化を調べるのです。
    どういう結果でも、ご報告しますよ~。

  2. タエちゃんが胃カメラ!
    タエちゃん

    聞き捨てならない!
    鉄の女ならぬ、
    鉄の胃袋を持つ女、タエちゃんが
    胃カメラの検査受けるなんて

    胃の使いすぎかしら?

    エイ鰭に、ホッケの干物を愛する
    タエちゃん
    私も4月になったら、胃カメラ受けようと思っている

    お互い胃を大事にしようね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中