ある会食


 昨日は、俳人の宇多喜代子さん、西村和子さん、NHKディレクターの今井洋一さんとテーブルを囲んだ。
 宇多さんは、現代俳句協会の会長さん。
 西村さんは、「NHK俳句」に出演する選者。
 昨年、ラジオドラマ「しづ子~魂の俳句」を書くにあたって、価値あるお話を伺ったお二人なのである。
 すばらしいのは、お二人ともとても気さくで、こちらが伝えたいこと一つ言えば十理解してくださるお人柄だということ。
 昨日も、すっぽん鍋を囲んで、すっぽんよりもイキのいい会話がぽんぽんと弾んだ。

 


 話題は、日野原重明さんや金子兜太さんに及んで、これも楽しかった。
 そして宇多さんがぽつり……。
「あと10年もしたら、戦争を語る人が誰もいなくなるわねえ」
 本当にその通りだ。
 NHKのFMシアターで放送した拙作「しづ子」は、戦中戦後を必死に生きた女流俳人、鈴木しづ子を描いたものだが、これからを生きる女性たちには、過去の女たちの境遇を、少しでも知ってほしいと思う。語り部がいなくなったあとも……。
 さて。



 ぷるんぷるんのすっぽんを味わいながらも、気になったのがこの芋焼酎。
 屋久島産「三岳」とある。
 1年に3本しかお店に入らないという、とても貴重なお酒をいただいてみた。
 うまい!
 めちゃくちゃううまい!
 わたしはふと、この焼酎を盗みに入る「酒好きドロボー」をイメージした。いてもおかしくないぞ。
 もう一本、気になるお酒がその横に並んでいる。
「狂わせたいの」
 これって、山本リンダのヒット曲名ではあーりませんか。
 ボトルをよくよく見ると、



 「題字・阿久悠」とあった。
 今、ちゅーとはんぱに狂うわけにもいかないので、これは飲まずにおきました、はい。
 おいしいすっぽんに仕上げのお雑炊まで、西村さん、大変ごちそうさまでした!
 こんな素敵なご縁ができるなんて、この仕事しててよかったぁ、ふふ。


  さてここで、我が母校、明治学園のお仲間へのお知らせ。
  3月27日に開催される同期会に向けて、ブログを開設しました。

  http://blog.goo.ne.jp/meijigakuen21

  その名もずばり「明治学園21回生」というタイトルです。
  このタイトルでググってもらっても、出てきますよ。
  同期生の近況を載せていく予定。鋭意毎日更新!
  どうぞ、閲覧してください。同期生にも教えてあげてください。
  そして皆さんの情報もお寄せくださいね。
  ではさっそく、クリック!

 
    

 
 


 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中