パーティ


 イルミネーションが復活した表参道は、すごい人出でした。
 昨夜は、ある語学学校のXマスパーティに出かけてきました。
 友人のNaoちゃんが通っているんです。
 「食べ放題、飲み放題、英語話し放題」
 と銘打ってるだけに、インストラクター(先生のこと)とお話しするごとに、スタンプをもらい、
「たくさんスタンプを獲得した人には、ごほうびがありますよ」
 というシステムになっていました。
 さあ、しゃべるぞ~。
 ……こんな意気込みコメントも珍しいですが。
 実はわたし自身も、この学校に通っていた時期があるんです。
 知ってる先生がいたら、
 「Long time no see !」
 とハグのひとつもしてやろうと、待ち構えていました。
 でも年月が経ったせいか、「校区」がちがうせいか、覚えのある先生はほんの2,3人でした。
 そこでNaoちゃん、自分が教わっている先生を次々に紹介してくれました。

 超べっぴんさんのインドの人……笑顔がとても知的な女性でした。
 今どき、ウールのチョッキを着ていたイギリス人の男性……自分のことを「young mind , old body」と言ったあと、わざわざ「dirty mind、old body」と言い換える自虐性は、日本人に通じるものがありました。
 日系人なのかなと思って話してみると、アメリカ生まれの韓国人、という男性もいました。
「どこの国か当ててみます」
 とわたしが試みた男性は、ヨーロッパでもなくアメリカでもなく、南アフリカ共和国の出身でした。そして実はハンガリー生まれ。
「ブダペスト行ったことありますよ」
 と言うと、喜んでくれました。
「おんなじモンゴリアンなんですよねえ」
「そうそう、お尻にアザがあってね」
 と盛り上がりました。
 もちろん、カナダ人やアメリカ人の先生も。
 パーティ会場は、まさに melting pot でした。



 こちらは、渋谷の「オバマさん」。
 いやいやニューヨーク出身の先生。日本に来て2年半だそうです。
 「日本は、昔の文化だけじゃなくて今の文化も面白い」
 とおっしゃってました。わたしたちは、戦争についても、少し話しました。
 そして気がついたら、スタンプは8枚になっていた!



 同行の友達から2枚もらってはっつけ、申請に行きましたけど、ご褒美はもらえませんでした。がっくし。
 しかし、これは引っ込み思案な日本人には、いい方法ですね。
 「あんたのどこが引っ込み思案やねん」……はあ、すんません。

 英語は、何年も勉強していなかったのに、意外と単語も出てきて、しゃべれたのはうれしいことでした。
 どの先生も丁寧にわかりやすくお話ししてくださったんだと思いますが。
 さんざんしゃべり、そして生バンドでさんざん踊り、最後は、全員で、ラストクリスマスとWe are the wolrd を合唱してお開き。
 ああ、楽しかった。

 わたしが数年前、その学校の「自由が丘校」に通っていたときには、実は、「中年留学」という密かな野望があったんです。
 それが自分のなかでいつのまにか立ち消えて、ああ何にも実ってないなあ、と思っていましたが、でも、パーティでいろんな先生と話すうちに、クラスで教えてくださったあの先生この先生の顔がよみがえってきました。
 それぞれに個性的で温かくて、とても懐かしく思い出されるのです。そして――あたしって、いい時間を過ごしてたんじゃん、と気づいたのであります。
 クラスメイトとは、今でもたまに、プチ同窓会をやってますしね。
 先生方と再会するのはかなわないかもしれないけれど、いい時間の記憶はこころのなかに残りつづける……そんなことを思ったパーティでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中