ラジオドラマ


 ラジオドラマの場合、リハーサルを本読みという。
 まさに、台本を読む時間。
 今日がそれだった。
 自分が書いた台詞が、俳優の肉体を通して、にわかに人格をおびてくる。
 その瞬間を味わえるのが、脚本家の醍醐味と言える。
 もう四半世紀もやってきて……でもやっぱり、今日のような日は”特別な日”だ。
 「いいチーム」だった……本番は今からですけどね。

 その本番の日……わたしは、タップ仲間の結婚披露宴でタップを踏むことになっていて……ああ、こっちも本番。
 明日は、タッパー東のリハーサルです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中